インスピレーション

僕らは何かを決めるときにあれこれと考えてリサーチをして、

 

どうしようかこうしようかということを決めています。

 

それよりも早くうまくいく方法があります。

 

例えば婚活。

 

今の婚活というのは条件とか年収とか資産とか

 

色々データベースがあってそれでお見合いをします。

 

でもそれで結婚する確率はすごく低いのです。

 

僕達が結婚する時というのは

 

そんなデータベースを見ながら結婚するのではなく、

 

「あ、この人だ」ってピンときたから結婚するのです。

 

そこで条件を考えていくと、

 

いいところもあるし悪いところもあるから

 

誰を選んだらいいかわからなくって混乱が起こります。

 

それよりも直感。

 

「この人かな」って、

 

その直感で僕らは結婚してるはずなのに、

 

今の二十代から三十代の人達は婚活でデータベースを頼りにしています。

 

今、精神科で婚活外来というのがあります。

 

婚活をしながら何回も断られるとトラウマになるのです。

 

それで抗不安薬を飲みながらお見合いをするのです。

 

現代病です。

 

心がそこに入ってない

 

数字であったりとか、

 

インターネット上で出てくる写真であったりとか、

 

そういうものに頼って心で選んでないから、

 

結婚なんていう人生をかけるような勝負はなかなか手が打てない。

 

おかしいでしょ?

 

結婚したい者どうしが登録している会社なのに結婚率が低い。

 

ということで、僕らの人生、大きなことを決める時に

 

最後のとどのつまりはデータベースではなくて直感力、

 

インスピレーションを信じるべきなのです。

 

自分を信じるとは、どういうことかというと、そのデータベースを信じるのではなく、

 

自分のインスピレーションを信じるということです。

 

でも自分が信じれない人がデータベースを頼るんだろうなぁと思います。

 

by  長谷川泰三(Hasegawa Yasuzo)生の声より