復讐したい気持ちになった時

 

心理学でいう復讐の概念は一般的な概念とはちょっと違います。

 

一般的に復讐というのは誰かをやっつけるとか、やり返すということです。

 

でも、この場合の復讐は自分が自分を痛めつけることによって、

 

自分がボロボロになることによって、

 

感情的に誰かを傷つけることが出来ると思っているということです。

 

例えば、ある人は
「あんたのせいよ。あんたのせいでこんな風になったのよ」
って自殺未遂なんかをします。

 

そうすると相手が罪悪感を感じます。

 

その人はどこかで知ってるんです。

 

罪悪感を感じさせることが一番きついことだって・・・。

 

intravenous-141551_640

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはパーセントでいうと何%幸せですか?

 

100%以外の部分が リベンジだと思ってください。

 

まだ心が満ち足りない。

 

100%幸せじゃない。

 

例えば90%幸せだと思っている人は

 

10%が幸せじゃないと言っているわけです。

 

90%の部分に関してどんなに周りの人があなたに対して、

 

「豊かだよね~。お金持ちだし、いい旦那さんを持ってるし、いいよね」

 

と言っても、
「いやいや……」
と言ってしまう。

 

にも関わらず
「あんた大丈夫? 毎日、お粥ばっか食べて、お金も無いし、

 

旦那さんも何の仕事やってるかわからない」

 

と言われても
「私、めっちゃ幸せ!」
と言ってる人は幸せなんです。

 

 

 

何かがあるから幸せ、

 

何かが無いから幸せじゃない、

 

という風なものではありません。

 

幸せというのは自分が決めるもので、

 

お金があることが幸せだというなら

 

〇〇〇さんが世界一幸せということになります。

 

 でも〇〇〇さんが世界で一番幸せではないかもしれません。

 

何かある、何かが無いという以外の部分に

 

僕らの幸せというのはあるようです。

 

幸せじゃないと思っている部分が皆さんがリベンジをしている部分、

 

いうなれば、 「私、10%痛んでます」

 

「30%傷ついてます」 というのと同じなんです。

 

 

 

で、その苦悩している部分を誰に見せてるんでしょうか。


「私はこれぐらい苦悩してますよ」 って。

 

 

ある人は亡くなられたお父さん、お母さんかもしれないし。

 

ある人は神様かもしれない。

 

「神様、これぐらいやったら私は許されますか?

 

これぐらい辛い思いをしたら許されますか? 

 

生きてていいですか?」 って。

 

これを罪悪感を持つ人がやる補償行為といいます

 

復讐とは補償行為のことでもあります。

 

 

セルフセラピーカードに『神の子』というカードがありますが、

 

補償行為をやっている人に言ってあげたいですね。

 

「大丈夫。あなたは悪魔の子じゃない。

 

そんなことをしなくても幸せになっていいんですよ。

 

だってあなたは神様の子だから」 って。

 

by  長谷川泰三(Hasegawa Yasuzo)生の声より